村田諒太、東京五輪目指す後輩たちにエール「みんなで出るという思いで戦って」

[ 2019年11月28日 16:58 ]

<村田諒太公開練習>リングに巡らせたロープをかわしシャドーボクシングする村田亮太(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(33=帝拳)が28日、都内のジムで同級9位スティーブン・バトラー(24=カナダ)と対戦する初防衛戦(12月23日、横浜アリーナ)に向けての練習を公開した。

 いつものように入念なストレッチ、アップ後にカルロス・トレーナーを相手にミット打ちなどに汗を流した村田は、24日に決勝が行われたアマチュアの全日本選手権にも言及。アジア・オセアニア予選(2月、中国)、世界最終予選(5月、フランス)への出場権を獲得した五輪階級の優勝者へ「東京五輪という最高の舞台が待っている。みんなで出るという思いで戦ってほしい。あと2つ枠を取れば、(開催国枠の4を加え)6階級出られるので」とエール。期待の選手には57キロ級の堤駿斗(東洋大)と森脇唯人(自衛隊体育学校)の名を挙げた。また、自身の東京五輪出場への思いは「1回クリアしたゲームみたいな感じ」と否定。それでも「アマでやって良かった。若い時に苦労して良かったと思う」と振り返った。

 バドラーとの一戦まで1カ月を切ったが、ここまでの調整は順調。体重も前日27日の練習終わりでミドル級のリミット(72.5キロ)まで残り約4キロと減量も心配ない。「この2週間、スパーリングもいい内容で出来ている」と自信を深めていた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年11月28日のニュース