亀田京之介「こっちの方が目立つでしょ」 亀田家初の新人王へド派手赤ジャージで登場

[ 2019年10月11日 16:13 ]

東日本新人王決勝戦発表会に出席した亀田京之介(右)と対戦相手の今成太希
Photo By スポニチ

 プロボクシングの第76回東日本新人王決勝戦(11月3日、後楽園ホール)の発表会が11日、東京・水道橋の後楽園飯店で行われ、12階級24選手が一堂に勢ぞろいした。フェザー級決勝では亀田3兄弟のいとこで“浪速の狂拳”の異名を持つ亀田京之介(20=協栄)が今成太希(22=三迫)と対戦する。

 ほとんどの選手がビシッとスーツで決めてきたが、京之介は派手な赤のジャージ姿で登場し「こっちの方が目立つでしょ」とニヤリ。対戦相手の今成は5戦5勝3KOの強敵だが、「ここは通過点。KOで勝ちたい。イメージはできている。カウンターで仕留められたら」と強気。新人王獲得なら亀田家初となるだけに「やるからには優勝したい。3兄弟を見返すじゃないけど、優勝して“どんなもんじゃい”と言いたい」と豪語した。

 3兄弟の三男・和毅とは前日も電話で話し、「お前が負けるわけない。落ち着いて練習通りやれば勝てる」と太鼓判を押されたという。また、優勝したら一緒に旅行に行こうと誘われたそうで「メキシコ、ラスベガス…いろいろ行きたい所がある」と目を輝かせた。

 一方、今成は「有名人とやれるのはうれしい」と歓迎。京之介との対戦が決まり、地元・新潟から応援に来たいという人も増えたという。「それだけ注目されるので、勝てばオイシイ。もちろん自信はあります」と気持ちを高めていた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年10月11日のニュース