天龍源一郎「小脳梗塞」と診断 4月から体調不良 現在は安定「残りの人生『天龍はしぶといナ』と…」

[ 2019年9月9日 12:08 ]

天龍源一郎
Photo By スポニチ

 元プロレスラー、タレントの天龍源一郎(69)が「小脳梗塞」と診断されたことを、9日、事務所が公表した。

 事務所によると、2019年4月中旬から2度にわたり自宅で体調不良を訴えたため検査・入院したところ「小脳梗塞」の診断が下された。その後、症状などが出る機会が多く、3度の入院を経験。現在、目立った後遺症などは現れておらず、完治はしないものの、症状としては安定しているという。 

 天龍は事務所を通じて、家族や近親者のサポートに感謝のコメント。また、闘病中の人、その周囲の人に対して「皆さんと一緒になって闘い、笑いあい、そういうことを大事にしていけたら」とメッセージを送った。

 天龍のコメント全文は以下の通り。

「この度は私事でご心配をおかけすることになりましたが、身体一つで69歳までやってこられるほどタフに産んでくれた親にまず感謝しています。そして、この病気になったときに一番に支えてくれた家族や近親者のみんなにも感謝をしています。相撲、プロレスと多くの時間を過ごしてきた中でこれからいつまで天龍源一郎としての歩みがあるのか私自身見当もつきませんが、今この瞬間を出来る限り生き抜き、まだファンの皆さんと楽しく過ごしたいと思います。ですのでこれからも変わらずに心配なく、楽しくやっていけたらそれが一番だと思っています。

そして、同じ症状では無くとも色々な病と闘う方々、それを支える方々、日々懸命に過ごしている方々も、皆さんそれぞれに毎日きっと一生懸命過ごしていることだと思います。その皆さんと一緒になって闘い、笑いあい、そういうことを大事にしていけたらと、この病気を機に改めて考えさせられました。今のこの自分がいる事も、支えてくれている皆さんのおかげだと深く感謝をしています。今こうして天龍プロジェクトとしても、TVにしても自分の居場所を作り出してくれている人たちと共により大切にしながらこれからも残りの人生を『天龍はしぶといナ』と言われるほどに十二分に謳歌していきたいと思います!

天龍源一郎は今日も元気です!」

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年9月9日のニュース