井岡一翔に第1子誕生「妻と子供に尊敬と感謝の気持ちでいっぱい」

[ 2019年8月22日 00:20 ]

井岡一翔(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 ボクシング4階級制覇のWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(30=Reason大貴)が21日、自身のインスタグラムを更新し、第1子の誕生を報告した。

 「ご報告」のタイトルで更新され、「遂にこの時がきました。第一子が誕生しました!」とつづり、「24時間の立ち会いのもと、妻と子供が力を合わせて、母子ともに無事に出産を終えることが出来ました。妻と子供に尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです」と、喜びと感謝を表した。

 さらに「これからは、僕が一家の大黒柱として、男としての役割を果たしていきたいと強く思います!」と、新しい生命に誓っていた。

 井岡は6月19日に千葉・幕張メッセで行われたWBO世界スーパーフライ級王座決定戦でアストン・パリクテ(28=フィリピン)に10回TKO勝ちして新王者となり、日本人男子初の4階級制覇を達成。同26日には同居中の一般女性(31)と結婚していた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年8月21日のニュース