リナレスの相手決定、4年9カ月ぶり日本のリング「楽しみにして」

[ 2019年8月17日 05:30 ]

弟のカルロス・トレーナーを相手にミット打ちを行うホルヘ・リナレス(右)
Photo By スポニチ

 4年9カ月ぶりに日本のリングに上がるボクシングの元3階級制覇王者ホルヘ・リナレス(33=ベネズエラ/帝拳)の対戦相手が、元WBCアジア・スーパーフェザー級シルバー王者アル・トヨゴン(21=フィリピン)に決まった。

 16日に帝拳ジムが公式サイトで発表。9月7日に東京・後楽園ホールで137ポンド契約ノンタイトル10回戦を行う。リナレスはこの日、日本ライト級王者・吉野修一郎(三迫)と5ラウンドのスパーリングなど約2時間練習し「一ファンには楽しみにしていてほしい」と自信をのぞかせた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年8月17日のニュース