雅雪、痛恨の判定負けから一夜「僕の実力不足」

[ 2019年5月28日 05:30 ]

試合後に伊藤(右)はヘリングと健闘を称え合う(撮影・田中哲也通信員)
Photo By スポニチ

 WBO世界スーパーフェザー級王座から陥落した伊藤雅雪(28=横浜光)が自身のSNSを更新。ジャメル・ヘリング(33=米国)に判定負けした試合を「僕の実力不足」と振り返った。

 米大手プロモーター、トップランク社との契約初戦で痛恨の黒星。ビッグマッチ実現の夢は遠のいたが、「自分のやってきたことには全く後悔はありません」と強調し、今後については「すぐに決めることはできません」とした。しばらくは家族とゆっくり過ごすという。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年5月28日のニュース