斉藤 TKO初防衛「プレッシャーもあったのでホッとしています」

[ 2019年4月19日 05:30 ]

日本バンタム級王座統一戦10回戦   斉藤裕太―木村隼人 ( 2019年4月18日    後楽園ホール )

<日本バンタム級王座統一戦>5回TKO勝ちで初防衛に成功した正規王者・斉藤裕太(右)
Photo By スポニチ

 正規王者・斉藤が5回TKO勝利で王座統一とともに初防衛に成功した。木村との打撃戦を制し「思ったよりもアッパーが当たり、うまく打ち合えた」と胸を張った。

 昨年9月の王座獲得直後に難病の潰瘍性大腸炎を発症。一時は引退も覚悟したが、投薬治療と食生活の改善でリングに立てるまで回復し会心の勝利でベルトを守った。来月には第4子が誕生予定。「プレッシャーもあったのでホッとしています」と笑みをこぼした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年4月19日のニュース