3代目タイガーマスク・金本浩二 動画で暴行問題を謝罪「二度としない」

[ 2019年3月18日 18:39 ]

プロレスラー金本浩二
Photo By スポニチ

 今月1日に自宅マンションで妻を殴ったとして、暴行の疑いで逮捕された「3代目タイガーマスク」のプロレスラー金本浩二(52)が18日、自身のユーチューブチャンネルを更新し、「ファンの皆さま、プロレス関係の皆さまには多大なるご迷惑をお掛けし、またご心配をお掛けしました」と謝罪した。

 逮捕容疑は、1日午後0時半ごろ、自宅で妻(25)の頭を拳で殴った疑い。ケガはなかった。

 金本は2分25秒の動画を配信。冒頭に深々と頭を下げてから「私、金本浩二は平成31年3月1日、妻に対する暴行で警察に逮捕されました。釈放になるまでの間、ファンの皆さま、プロレス関係の皆さまには多大なるご迷惑をお掛けし、またご心配をお掛けしました。引き起こしたことに関して、この場をお借りして皆様方に心からお詫び申し上げます」と謝罪した。

 「どうしてこのような事態になったのかは、私から語ることは差し控えさせていただきますことをご了承願いたく存じます。ただ、報道するのであればもう少し時間をかけて調べてからやっていただきたいという気持ちがありました。今回、警察に逮捕されるという苦い経験はいかような理由であれ、暴力はいけないということを身にしみて感じることになりました。二度とこのようなことで皆さま方に迷惑をかけることをしないと固く誓います。どうかこれからも私金本浩二に対するご声援をよろしくお願いいたします」と述べた。

 金本は新日本プロレス在籍時に3代目タイガーマスクとして活動し、IWGPジュニアヘビー級王座を獲得。ハードな打撃系が持ち味で「喧嘩(けんか)番長」と呼ばれた。新日本は2013年に退団した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年3月18日のニュース