那須川天心、“無謀”オファー受けた理由告白 新たな革命の日々に密着

[ 2019年3月16日 07:30 ]

TBS「バース・デイ」に出演する那須川天心
Photo By スポニチ

 16日放送のTBSの人気ドキュメンタリー番組「バース・デイ」(土曜後5・00)がキックボクシングの“神童”那須川天心(20=TARGET/Cygames)に密着。格闘技を通じて生まれた家族の絆に迫る。

 那須川は昨年大みそかにボクシング元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(42=米国)とエキシビションマッチを行い、1回TKO負けを喫した。圧倒的な体重差、キック禁止のルールなど無謀とも思えるオファーだったが、「やっぱり(メイウェザーは)世界一なので、メイウェザーが超一流じゃなかったら、他、誰が超一流なんだって、やる価値はあると思った」と挑戦。大きな反響を呼んだ。

 現在は、キックボクシングの世界トップレベルの選手が一堂に会する前代未聞のトーナメント戦「RISE WORLD SERIES 2019」に出場し、初回王者を目指している。番組は、メイウェザー戦からわずか1カ月後、新たな“革命”に挑戦する那須川に密着。格闘技の経験はないが、独学で学び、自宅に練習場を作った父親など、20歳の若者を一丸になって支える家族の存在が明らかとなる。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年3月16日のニュース