尚弥、グアム合宿から帰国 気持ちのスイッチ「入った」

[ 2019年2月22日 05:30 ]

グアム合宿から帰国した井上尚弥
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(25=大橋)が米グアムでの合宿を終え、成田に帰国した。

 現地では午前中に砂浜で重さ1キロのダンベルを持って8・6キロ走やダッシュ、午後は芝生の上で12〜13キロ走とダッシュと徹底的に走り込み。それも低酸素マスクを着用と超ハード。井上は「今までで一番走ったかもしれない。キツかったけど、やり切った。気持ち(のスイッチ)も入りました」と振り返った。

 IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)と対戦するWBSS準決勝まで3カ月。もう一度、国内での合宿を計画中で、その後に本格的な仕上げに入る。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年2月22日のニュース