村田撃破のブラント 初防衛戦が決定 2月に全勝のバイサングロフが挑戦

[ 2019年1月15日 17:09 ]

ロブ・ブラント (AP)
Photo By AP

 プロボクシングのWBA世界ミドル級王者ロブ・ブラント(28=米国)の初防衛戦が、自身の故郷である米国のミネソタ州で2月15日(日本時間16日)に行われることが決まった。14日に主催者から発表された。

 対戦相手はWBA同級8位のハサン・バイサングロフ(21=ロシア)で、戦績は17戦全勝7KO。スタイルは右構えで、兄のザウルベック・バイサングロフ(33)は元WBO世界スーパーウエルター級王者だ(2014年に現役引退)。

 ブラントは昨年10月、村田諒太に判定勝利を収めて同王座を獲得。ESPNの取材に対し、「故郷での初防衛戦は格別。バイサングロフの弱点は分かっているので、攻略できると思う」とコメントしている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年1月15日のニュース