井上尚弥 クリスマスはサンタに変身?「子供もいるので盛大に」

[ 2018年11月25日 19:14 ]

中山競馬場クリスマスイルミネーション拳灯式に登場した井上尚弥(左)と川島海荷
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(25=大橋)が25日、女優の川島海荷(24)とともに中山競馬場クリスマスイルミネーション拳灯式に出席した。

 井上は「初めて」というタキシード姿で川島をエスコートして登場。競馬場を訪れたのは初めてで、イルミネーション点灯も初めて。「新鮮だし、楽しいですね。競馬場は思っていた以上に広い印象です」と感想を口にした。

 14年に世界王者となってから試合のない年末も初めてとあって「これまでクリスマスにクリスマスらしいことをしたことがなかったので、今年は家族とゆっくりを過ごしたい」と笑顔。川島からサンタクロースの衣装をプレゼントされ、「もちろん着ます。子供もいるので盛大にやりたい。いいものをもらいました」と“パパの顔”も見せた。

 「今年の漢字」には「挑」の文字を挙げ、「3階級制覇の試合もそうだったけど、(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズの)準々決勝の時も気持ちは常に挑む気持ちだった」と説明。来年は春に準決勝、夏に決勝が予定されており、「挑戦という気持ちを持ち続け、初心を忘れずにいきたい」と抱負を語っていた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2018年11月25日のニュース