×

WBOミドル級王者サンダース、陽性反応 王座剥奪の可能性も

[ 2018年9月29日 05:30 ]

 WBO世界ミドル級王者ビリージョー・サンダース(29=英国)がドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示したと米スポーツ専門局ESPNが27日、報じた。

 8月30日に英国での検査で興奮剤オキシロフリンが検出された。WBA王者・村田諒太(32=帝拳)が一時標的としていたサンダースは10月20日に米マサチューセッツ州ボストンで4度目の防衛戦を予定しているが、同州コミッションが試合中止の結論を下せばWBOは王座を剥奪するという。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年9月29日のニュース