岡田、ノンタイトル戦で米デビュー 「いつも通り戦って勝つ」

[ 2018年9月15日 05:30 ]

スーパーライト級   (WBO3位)岡田博喜《10回戦》クリスチャン・ラファエル・コリア ( 2018年9月14日    米カリフォルニア州フレズノ )

計量をパスした岡田(左)とコリア(写真提供・角海老宝石ジム)
Photo By 提供写真

 米プロモート大手トップランク社と3年契約を結んだ岡田の米デビュー戦はノンタイトル戦になることが決まった。

 メインの挑戦者オロスコが計量に失格すれば、王者ラミレスへの挑戦に変更される契約だった。岡田は前日計量を63・4キロでパス。ややピリピリした様子だったが、鈴木真吾会長が調理した特製おじやでリカバリー。対戦相手のコリアについて「思ったより小さかったけど、打たれ強そうな顔をしていた」と印象を語り「いつも通り戦って勝ちます」とコメント。勝てば、今後ラミレスへの挑戦が計画されている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年9月15日のニュース