京太郎、7回TKO防衛も反省 狙うは日本人初のヘビー級世界戦

[ 2018年5月8日 05:30 ]

東洋太平洋、WBOアジア・パシフィック・ヘビー級タイトルマッチ12回戦   藤本京太郎≪7回TKO≫アーロン・ラッセル ※藤本は東洋太平洋は3度目、WBOアジア・パシフィックは ( 2018年5月7日    後楽園ホール )

7回TKO勝ちで防衛を果たした藤本京太郎
Photo By スポニチ

 藤本が7回TKO勝ちで防衛に成功。ただ、相手陣営がタオルを投入しての決着に「しっかり倒したかったんですけど、まだまだですね」と反省した。

 目指すは日本人初のヘビー級世界戦。挑戦を打診していた前WBO王者パーカー(ニュージーランド)が統一戦に敗れたため、可能性は極めて低くなったが、「負ければ引退と決めている。そこ(世界戦)までは実現させたい」と話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年5月8日のニュース