村田、V20ゴロフキン倒せる 「反応はピークより落ちてる」

[ 2018年5月8日 05:30 ]

ミット打ちをする村田
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(32=帝拳)が今秋予定の2度目の防衛戦へ向け、都内の所属ジムで本格始動した。将来の標的である3団体統一同級王者ゴロフキン(カザフスタン)が5日にV20を達成。「階級一番の選手に変わりはないが、反応はピーク時より落ちている。攻防をしっかり分けて戦えばいい勝負ができる」と分析し、対戦実現へ「ハイリスク・ハイリターンの強い選手とやる方が自分のためにもなる。米国でできるのならアピールしたい」と話した。

 攻撃はワンツー主体からパンチの種類を増やし「4つ以上つなげられるようにしたい」という。攻撃の幅を広げてもバランスを崩さない体幹の強さも必要とし、「全盛期のパッキャオはどんな体勢から打っても崩れなかった」と好例を挙げた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年5月8日のニュース