PR:

ネリ 山中戦で“罰金”も、ファイトマネー70%分差し押さえ

山中にTKO勝ちしたネリ
Photo By スポニチ

 WBC世界バンタム級タイトルマッチで山中にTKO勝ちしたネリのファイトマネーの70%分が“差し押さえ”られていることが分かった。興行を主催した帝拳ジムの本田明彦会長が明かした。同ジムは対戦相手に対しファイトマネーを一括払いしているが、今回は全額を支払わないようにWBCから指示されているという。

 ネリは山中との再戦の前日計量でバンタム級リミットの53・5キロを2・3キロも超過。再計量でも1・3キロオーバーし、王座を剥奪された。山中が敗れたため王座は空位となったが、初戦前の抜き打ち検査で禁止薬物に陽性反応を示したドーピング疑惑に続くトラブル。支払いの“待った”はWBCが罰金などの処分を検討しているためとみられる。

 山中はこの日、ジムには姿を見せなかったが、電話で体に異常はないと報告してきたという。後日、引退会見が開かれる予定だ。

[ 2018年3月3日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:06月20日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム