ネリ、無期限出場停止 WBCが非難「許容できない」

[ 2018年3月3日 09:52 ]

1回、山中にパンチを浴びせるネリ(左)
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBC(世界ボクシング評議会)は1日(日本時間2日)、前世界バンタム級王者ルイス・ネリ(23=メキシコ)を無期限の出場停止処分にすると発表した。ネリは日本時間2月28日、元王者・山中慎介(35=帝拳)との再戦の前日計量でバンタム級のリミット53・5キロを2・3キロもオーバー。2時間後の再計量でも1・3キロ超過して王座を剥奪されたが、試合では山中に2回TKO勝ちして王座は空位のままとなった。

 WBCはネリの行動をプロフェッショナリズムに反していると非難。「5ポンド(約2・3キロ)の体重超過は許容できない。経緯を調査するため、ネリに聴聞会への出席を義務づける」と声明を発表し、結論が出るまでの出場停止処分を科した。WBCの処分だけでネリのボクシング活動そのものが不可能となるわけではないが、世界ランキングから外れることで地域タイトルを含めたタイトル戦には出場できなくなる。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2018年3月3日のニュース