尚弥いとこ、浩樹がデビュー8連勝!右フック1発で1回KO

[ 2017年6月26日 05:30 ]

プロボクシング10回戦   ○井上浩樹 KO1回1分1秒 ニル・ウィソラム● ( 2017年6月25日    町田市立総合体育館 )

1回KO勝ちして笑顔でインタビューを受ける井上浩樹
Photo By スポニチ

 WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)のいとこで、日本スーパーライト級7位の井上浩樹が右フック1発で1回KO勝ち。デビューから8連勝とした。

 次戦は8月30日に青木クリスチャーノ(駿河)と対戦するが、アニソンで入場する“オタクボクサー”にとって気掛かりなのが、試合5日前に「アニメロサマーライブ」が開催されること。「ライブを見に行って試合で動きが悪かったら…」と迷っていたが、トレーナーから許可されて「実は以前にも内緒で行きました」と明かした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2017年6月26日のニュース