アミール・カーン UFC王者との対戦に意欲「ビッグファイトになる」

[ 2016年7月20日 13:42 ]

アミール・カーン (AP)
Photo By スポニチ

 プロボクシングの元スーパーライト級王者アミール・カーン(29=英国)が総合格闘技の挑戦に前向きな姿勢を見せている。

 米国のヤフースポーツが19日に伝えたところによると、カーンはUFCのフェザー級王者であるコナー・マクレガー(28=アイルランド)との対戦に興味を示しているとのこと。マクレガーといえば、プロボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(39=米国)との対戦が噂されているが、現時点で実現には至っていない。

 「マクレガーは総合格闘技の世界で、自分はボクシング界で名のある選手。実現すれば、ビッグファイトになる」とカーンはコメント。続けて「総合格闘技の世界ではファンの見たいカードが簡単に実現する。自分はメイウェザーを2年間追い続けたが、結局、彼と対戦することはできなかった」とボクシング界ではなかなかビッグファイトが実現しない現状を嘆いた。

 カーンは総合格闘技ルールでの対戦を考えているというが、果たしてはどのようにしてマクレガーに対抗するつもりなのか。だが、この件で本人に不安はないようで、「自分はまだ若く、格闘技のスキルを磨く時間はある。ファイターの血が流れているし、時間をかけてトレーニングすれば問題ない」と自信を見せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2016年7月20日のニュース