無敗挑戦者とV2戦 興毅「これぐらいはKOしないと」

[ 2011年7月2日 16:56 ]

チャンピオンベルトを肩に掛け、ポーズをとる亀田興毅

 ボクシングのWBA世界バンタム級チャンピオンの亀田興毅(亀田)が2日、東京都内の亀田ジムで記者会見し、8月31日に東京・日本武道館で同級8位のダビド・デラモーラ(メキシコ)と2度目の防衛戦を行うと発表した。東日本大震災の慈善試合として実施する。

 デラモーラは戦績23戦全勝(16KO)で、豊富な手数と的確なコンビネーションを持ち味とする23歳の右ボクサーファイター。亀田興は「無敗でKO率も高いから、いい選手と思うけど、これぐらいはKOしないとあかん。みんなが見ていて興奮するような試合をしたい」と抱負を語った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2011年7月2日のニュース