PR:

町田 今季リーグ戦の目標を6位以内に設定 J1昇格に向けた意識改革を促す狙い

 J2町田が今季リーグ戦の目標を6位以内に設定した。13日に町田市内で今季の新加入選手の会見を開き、下川浩之社長(56)は「6位以内を目指す。プレーオフ圏内にこだわりたい」と宣言した。

 ホーム町田市陸上競技場の収容人数は1万で、J1クラブライセンス取得条件の1万5000を満たしていない。今季はJ1の16位と、J2の3〜6位によるJ1参入プレーオフが開催されることが決定済み。20年のJ1クラブライセンス取得を目指す町田は6位以内に入ってもプレーオフに出場できないが、競技成績の昇格条件をクリアすることで、クラブだけでなくホームタウンにもJ1昇格に向けた意識改革を促す狙いがある。

 今季のチームはGK福井光輝(21)、DF下坂晃城(24)、酒井隆介(29)、橋口拓哉(23)、チャン・ハンチョル(21)、小島雅也(20)、MF土居柊太(21)、ロメロ・フランク(30)、杉森考起(20)、FWドリアン・バブンスキー(21)の10選手を獲得。丸山竜平強化部長(40)は「今季は28選手でのスタートとなる。新加入の選手たちが新たなものをチームにもたらしてくれると思う」と期待した。

[ 2018年1月13日 17:10 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:01月18日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム