PR:

横浜・伊藤、先制弾も痛い敗戦「シンプルに力負け。実力で向こうが勝っていた」

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会   横浜1―2C大阪 ( 2018年1月1日    埼玉 )

<C大阪・横浜>前半、先制ゴールを決める横浜・伊藤
Photo By スポニチ

 天皇杯決勝で横浜はC大阪に1―2で惜敗した。13年以来4大会ぶりのいタイトルを逃し、横浜イレブンは悔しさをにじませた。

 前半8分に先制点を挙げたFW伊藤は「シンプルに力負け。実力では向こうが勝っていた」とうつむいた。12月23日の準決勝・柏戦でも貴重な同点弾を決めた。2戦連発を挙げたものの表情は硬く、「試合は90分、今日に限れば120分あった。その中で相手は余裕があった。もう1点取れば、向こうの余裕もかき消せたかもしれない。痛い敗戦になった」と振り返った。

 この日も随所に好守を見せたGK飯倉は「このチームでここまで来られたことは頑張ったと思うが、決勝になるとやっぱり実力ではC大阪が上だった」と話した。特に後半は攻め手を欠いたことに触れ、「自分たちがボールを持ってリズムを作ることがあまりできていなかった」と悔しがった。

[ 2018年1月1日 20:07 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:01月18日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム