PR:

松浦 俊輔欠場で“お株奪う”決勝FK弾!代役・上田も貢献

明治安田生命J1第24節   磐田2―1神戸 ( 2017年8月26日    ヤマハ )

<磐田・神戸>直接FKを決め喜ぶ磐田・松浦(右)
Photo By スポニチ

 磐田は神戸に2―1で今季3度目の逆転勝利。MF中村俊輔(39)の欠場を乗り越え、7月8日以来となるリーグ6試合ぶりの本拠白星を飾った。

 1―1で迎えた後半34分、中央右寄りで直接FKのチャンスを得ると途中出場のMF松浦拓弥(28)がボールをセット。MF川辺駿(21)と入念にコースを確認して放たれたシュートは美しく弧を描いてゴール右に突き刺さった。「初めて蹴って初めて入るのはうれしいものですね」。不在の背番号10のお株を奪う一撃に白い歯を見せた。

 スタメンに名を連ねていたMF中村俊は体調不良で回避。前半24分にはMFアダイウトン(26)のシュートを相手DFが手でかき出したがPKは認められなかった。不穏な空気が漂う中、気持ちを切らさず試合に集中。先制を許した直後の後半6分にはMF川辺のスルーパスに抜け出したFW川又堅碁(27)がGKとの1対1を冷静に制して同点に。背番号20の13年新潟時代以来の2桁得点が反撃ののろしとなった。

 中村俊に代わり先発出場したMF上田康太(31)も中盤で存在感を示し、名波浩監督(44)は「上田の出来は良かった。フロント、サポーター含めて絶対に負けたくないという気持ちを持って戦えた」と評価。リーグ戦はW杯アジア最終予選のため、次節は来月9日のアウェー札幌戦。北の大地で連勝を飾り、さらなる高みへ、ひた走る。

[ 2017年8月27日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:09月22日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム