PR:

名古屋に闘莉王が帰って来る!「彼のような選手が必要」新監督が電撃発表

名古屋に復帰するDF田中マルクス闘莉王

 低迷する名古屋に、闘将が帰って来る。J1名古屋は23日、小倉隆史GM兼監督(43)が同日付で休養し、ボスコ・ジュロブスキー・コーチ(54)が後任監督に就任することを発表。早速、練習の指揮を執った新監督は練習後に就任会見に臨み、元日本代表DFで昨季限りで名古屋を退団していた田中マルクス闘莉王(35)が復帰することを電撃発表した。

 愛知・豊田市内のクラブハウスで行われた就任会見の終了間際。ジュロブスキー新監督は自ら「ひとつ言いたいことがある。重要なことです」と切り出すと、「闘莉王が戻って来ます」と闘将の電撃復帰を突然発表した。

 新指揮官によると、闘莉王と「きのう連絡を取った」そうで「今週の金曜日に戻って来る」と26日にチームへ合流することを明言。「彼のようなファイティング・スピリットを持った選手が必要だ」と現在リーグ戦17試合連続勝ちなしで年間16位とクラブ史上初のJ2降格に直面するチームの“救世主”に指名した。

 ジュロブスキー新監督は名古屋が初優勝を果たした2010年にストイコビッチ監督のもとでヘッドコーチを務めており、同年に浦和から加入した闘莉王は攻守両面のプレーだけでなく精神面でもチームを大黒柱として支えた。「いつか戻ったら助けてくれと言っていた。その約束を守ってくれた」とジュロブスキー新監督。Jリーグの第2登録期間(ウィンドー)は7月29日までだが、所属チームのない選手は9月16日が登録期限で、フリーの闘莉王がプレーすることに支障はない。

 

[ 2016年8月23日 19:09 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:07月28日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム

      スペシャルコンテンツ