PR:

大谷 23日に1軍復帰も 栗山監督GOサインなら代打かDHで

日本ハムの大谷
Photo By スポニチ

 左太腿裏肉離れで2軍調整中の大谷翔平投手(22)が、交流戦明け初戦の23日の楽天戦(札幌ドーム)から1軍復帰する可能性が19日、浮上した。札幌市内の合宿所へ移動し、20日から札幌ドームで行われる全体練習に合流する。栗山英樹監督(56)からGOサインが出れば、代打もしくはDHからの復帰が見込まれる。

 午後2時30分すぎ。札幌市内の合宿所に到着したタクシーから大谷が降りると、ファンから驚きにも似た歓声が起こった。

 20日から2日間の全体練習参加が決まった。栗山監督は「全力で走れないと話にならない。全力で走れればいろいろなことを考える」と話しており、復帰への条件は「全力疾走」となる。

 4月8日のオリックス戦の走塁中に左太腿裏を肉離れしてから約2カ月半。千葉・鎌ケ谷でのリハビリを慎重に進めてきたため、ダッシュの強度は「6、7割」程度だが、大谷は「だいぶ(状態が)上がっていると思う」と話している。再発の原因となる恐れがあった左右の筋力差も克服しつつあり、栗山監督の直接チェックに至ったもようだ。GOサインが出れば、リーグ戦再開となる23日にも出場選手登録される可能性がある。

 打撃面では、5月末に屋外でのフリー打撃を再開し、2軍投手の球も打っている。一方、投手としては今月13日にブルペン投球を始めたが、打者相手には投げていない。栗山監督は「投手だけのパターン、打者だけ、代打だけ。全て考えている」と話すが、ぶっつけ本番で1軍復帰となれば、代打もしくはDHからの出場が現実的だ。

 昨季の日本一チームは現在、借金10の5位に低迷する。特に打線は主砲・中田が本調子ではなく、リーグトップの打率・407を誇る近藤が右太腿裏の張りで戦線離脱している。大谷の動きを見て、指揮官はどんな判断を下すのか。当初は6週間とみられていた復帰は大きくずれ込んだが、今後の巻き返しへ、大谷の存在は起爆剤となる。

 ≪大谷負傷後の経過≫

 ☆4月8日 オリックス戦(京セラドーム)の走塁中に左太腿裏の肉離れ。同10日にはインフルエンザB型を発症。

 ☆同15日 リハビリ開始。

 ☆5月27日 屋外でのフリー打撃再開。21スイング中、4本の柵越え。同30日にスパイクを履いてダッシュを開始。

 ☆6月2日 都内で定期検査を受け左右の脚の筋力の差が発覚。ベースランニング再開は見合わせ翌週はウエートトレーニングに重点を置く。

 ☆同13日 捕手を立たせて30球、座らせて11球の投球練習を再開。球を受けた中山ブルペン捕手は「150キロは出ていたと思う」

[ 2017年6月20日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:08月24日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム