PR:

筒香、侍5番弾!守護神西野討ち 23歳「左の和製大砲」進化

<D・ロ>5回1死一塁、同点の右越え2ランを放つ筒香

オープン戦 DeNA5―7ロッテ
(3月5日 横浜)
 侍ジャパン入りしたDeNAの筒香嘉智外野手(23)が5日、ロッテ戦の5回にオープン戦初アーチとなる右越え2ランを放った。侍ジャパンで守護神を務める西野勇士投手(24)との「侍対決」で、内角高めの直球を完璧に打ち返す高い打撃技術を見せた。初回にも左中間適時二塁打を放ち、3打点の活躍。10、11日に欧州代表と行う強化試合(東京ドーム)で5番を任される左の和製大砲が、進化した姿を披露した。 

 初めて味わう感覚は高度な打撃技術を身に付けた証だった。5回1死一塁、守護神・西野との侍対決。筒香は初球を振り抜いた。内角高めの144キロ直球。厳しいコースだったが、強烈なバックスピンが掛かった打球は右翼席中段に達した。

 「僕の感覚では今まではファウルだった。ああいう打ち方ができていなかったが、やっとできた」。ポーカーフェースを崩さない男が、珍しく興奮気味に振り返る。今までなら、打球は一塁側のファウルゾーンへ切れた。この打席。極限まで体の開きを抑え、体の内側から巻き付くようにバットを出し、ミートする瞬間に左手で押し込んだ。

 予兆もあった。初回、唐川が直球の後に投げたカーブ。緩急を使われても上体は突っ込まず、体に引きつけて逆方向の左中間に適時二塁打を放った。3回には内角を攻められても全く動じず、四球を選んだ。そして最後の打席で一発。中畑監督は「言うことない。ジャパンの自覚が出ているんじゃない」とうなった。

 13年11月。台湾代表との強化試合で同僚の梶谷が侍ジャパンに選ばれた。「ゴー(筒香)が凄いうらやましそうな顔をしていた。“僕も”って気持ちはあったと思う」と中畑監督。筒香には「代表は人間性を兼ね備えて選ばれる」と何度も言い聞かせ、髪形を直させた時もあった。それ以来、野球中心の生活。酒も口にせず早寝早起きも心掛けた。23歳になった和製大砲は風格を漂わせる。

 昨季は22本塁打。今季は主将に指名され、指揮官から「不動の4番」を期待されている。侍ジャパンの小久保監督も「大きな飛躍を期待している」と代表に選出し、欧州代表と対戦する10、11日の強化試合に向け、3日のテレビのニュース番組で「5番・筒香」を明かした。「日本代表は刺激になる。何を変えようとじゃなくプラスにしたい」と筒香。26歳の3番・坂本(巨人)、25歳の4番・中田(日本ハム)、そして5番・筒香の平均年齢は24・7歳。世界一奪回を目指す17年の第4回WBCを見据え、若きクリーンアップで臨む。

 2歳上の中田は右打者で、左右の大砲が並ぶ。その中田からは、昨季の春季キャンプ中に沖縄でプロテインの差し入れがあったそうで「怖そうなイメージだけど、話してみたら優しい」と振り返り、こう言った。「打者としても凄い方。自分はまだまだ」。その向上心が打撃技術を高め、筒香はもっと大きくなる。

 ▼ロッテ・西野 いい球がいったと思ったけど、筒香がよく打った。コースはしっかりしていたけど、少し高かったかな。オープン戦でよかった。 

[ 2015年3月6日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      スコア速報

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ