PR:

中日 6回以降、小刻み投手リレーで楽々逃げ切る

<中・ヤ>力投する先発・川井

セCSファイナルS第4戦 中日5-1ヤクルト
(11月5日 ナゴヤD)
 中日は5投手による1失点リレーで楽々と逃げ切った。

 CS初登板の先発川井は、3回に失策絡みで1点は与えたものの「2四球でちょっと苦しんだが、低めを意識して投げられた」と胸を張った。5回の好機で打席が回って代打を送られ、高橋に後を託した。6回以降は高橋―鈴木―浅尾―岩瀬と1イニングずつの小刻みな継投。浅尾が「何とか粘ることができた」と笑顔をのぞかせれば、岩瀬は「チームが勝てて良かった」と、いつものセリフを口にした。

 ▼中日・川井 (5球で3者凡退に片付けた初回は)たまたま打ってくれたとは思いますけど、低めに投げるという意識はできていたと思う。(5回1失点に)ちょっと苦しみましたけど何とか良かった。日本シリーズに行きたいですけど、まずはあした。

[ 2011年11月6日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月22日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム