ハミルトンがシューマッハ氏に並ぶ歴代最多タイ91勝目 F1アイフェルGP

[ 2020年10月11日 23:09 ]

自動車F1シリーズ第11戦アイフェル・グランプリ(GP)決勝 ( 2020年10月11日    ドイツ・ニュルブルク )

アイフェルGPで優勝し、表彰台で喜ぶメルセデスのルイス・ハミルトン(AP)
Photo By AP

 F1シリーズ第11戦アイフェル・グランプリは決勝が行われ、2番手からスタートしたメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が逆転で今季7勝目。1990~2000年代に一時代を築いたミハエル・シューマッハ氏の持つ歴代最多記録に並ぶ通算91勝目を挙げた。

 ハミルトンはポールポジション獲得回数も、すでに歴代最多の通算96回を誇る。現在、トップを走る年間総合優勝のタイトルも獲得すれば通算7度目となり、シューマッハ氏の歴代最多記録に並ぶ。

 レース後、13年12月のスキー事故で頭部外傷を負い、現在も治療を続けているシューマッハ氏が12年に着用していたヘルメットを同氏の息子でドライバーのミックからプレゼントされたハミルトンは、「何と言っていいか分からない。(シューマッハ氏は)子どものころのアイドルだった。記録に並んだことを現実のものとして受け止めるには時間が掛かりそうだ。本当にチームに感謝している」と目を潤ませながら語った。

続きを表示

「F1」特集記事

「東京モーターショー 2017」特集記事

2020年10月11日のニュース