ホンダ勢はアルボン4位 ボッタスが今季3勝目 F1日本GP決勝

[ 2019年10月13日 17:01 ]

<F1日本GP決勝>スタートでPPのフェラーリ・ベッテルを抜き、1位で1コーナーを抜けるメルセデスのボッタス(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 自動車のF1シリーズ第17戦、日本グランプリ(GP)は13日、三重県鈴鹿サーキットで予選と決勝が行われ、ホンダ勢はアレクサンダー・アルボン(タイ、レッドブル・ホンダ)が4位に入ったのが最高だった。

 トロロッソ・ホンダ勢はピエール・ガスリー(フランス)が8位、ダニール・クビアト(ロシア)は12位となった。

 予選5位のマックス・フェルスタッペン(オランダ、レッドブル・ホンダ)は途中でリタイアした。メルセデスのバルテリ・ボッタス(フィンランド)が今季3勝目、通算6勝目を挙げ、ポールポジションのセバスチャン・フェテル(ドイツ、フェラーリ)は2位。メルセデスは製造者部門で6連覇を決めた。

続きを表示

「F1」特集記事

「東京モーターショー 2017」特集記事

2019年10月13日のニュース