×

武居由樹「いつか戦わないといけない」 期待される那須川天心との対戦について「良いタイミングで…」

[ 2024年6月22日 20:37 ]

WBO世界バンタム級王者・武居由樹と那須川天心(右)
Photo By スポニチ

 プロボクシングWBO世界バンタム級王者の武居由樹(27=大橋)が22日までに更新された元K―1世界王者でタレントの魔裟斗のYouTubeチャンネルにゲスト出演。対戦が期待される選手について語る場面があった。

 井上尚弥が統一後返上したバンタム級戦線は、5月4日に西田凌佑がIBFのタイトルを奪取し、その2日後の6日に武居由樹もWBOの王座に君臨。同じ日防衛に成功したWBAの井上拓真、WBCの中谷潤人と主要4団体のベルトを日本人ファイターが独占している。

 その他にもバンタム級には“キックの神童”でボクシング転向後3連勝を飾った那須川天心(帝拳)、元日本王者の堤聖也(角海老宝石)、元WBC世界フライ級世界王者・比嘉大吾(志成)など実力者がそろっている。

 この現状に武居は「日本人のスター選手がいっぱいいますからね。みんな強いですよね」と謙虚なコメントをした。

 そして対戦が期待される那須川の存在についても「自分的には、天心選手との試合はやらなきゃいけないと思ってる」と告白。

 さらに「自分もこのまま勝ち続けて、天心選手も勝ち続けてもらって、お互いが良いタイミングでできたらいいなと思います。だから自分も価値をもっともっと上げていかなきゃいけない」と説明した。

 魔裟斗も「勝ち続けていけば来年ぐらいには実現しそうだね。またその試合は盛り上がるし、歴史に残る試合になるよ」と対戦を期待した。

続きを表示

「アントニオ猪木」特集記事

「井上尚弥」特集記事

2024年6月22日のニュース