×

武居由樹「みんな強いですよね」 日本人独占のバンタム級を語る!魔裟斗期待「団体統一してほしい」

[ 2024年6月22日 20:26 ]

魔裟斗とWBO世界王者の武居由樹(右)
Photo By スポニチ

 プロボクシングWBO世界バンタム級王者の武居由樹(27=大橋)が22日までに更新された元K―1世界王者でタレントの魔裟斗のYouTubeチャンネルにゲスト出演。激戦区のバンタム級について語る場面があった。

 井上尚弥が統一後返上したバンタム級戦線は、5月4日に西田凌佑がIBFのタイトルを奪取し、その2日後の6日に武居由樹もWBOの王座に君臨。同じ日防衛に成功したWBAの井上拓真、WBCの中谷潤人と主要4団体のベルトを日本人ファイターが独占している。

 その他にもバンタム級には“キックの神童”でボクシング転向後3連勝を飾った那須川天心(帝拳)、元日本王者の堤聖也(角海老宝石)、元WBC世界フライ級世界王者・比嘉大吾(志成)など実力者がそろっている。

 この現状に武居は「日本人のスター選手がいっぱいいますからね。みんな強いですよね」と謙虚なコメントをした。

 それを聞いて魔裟斗は「日本人のライバルがいっぱいいるってすごく嫌じゃん?プレッシャーも感じる。その中で全員倒したら武居の総取りだからね。実はライバルがいるということは盛り上がって、大爆発するチャンスはあるよ。武居に4団体統一してほしいわ」と伝えると、武居は笑いながら「先輩の拓真さんが1個もっているので…」と冷静なツッコミをいれると大きな笑いになった。

 魔裟斗は「あ、そっか…」と苦笑いしながらも「他の団体統一してほしいわ」と期待した。

 それを受けて武居も「その中で勝ち続ければ世界王者と認めてもらえるのかなと思います」と今後に向けて意気込んだ。

続きを表示

「アントニオ猪木」特集記事

「井上尚弥」特集記事

2024年6月22日のニュース