×

ボクシング世界王者・拳四朗「初めて痴漢された」 フォロワーも「俺は3回あります」と被害の声

[ 2022年5月23日 20:46 ]

寺地拳四朗
Photo By スポニチ

 ボクシングWBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(30=BMB)が23日までに自身のツイッターを更新し、痴漢被害に遭ったことを報告した。

 寺地は「初めて痴漢された 座ってたらおっさんが太ももの下に手じょじょに入れてきてんけど、しかもガン見 怖すぎて席離れるしかできんかった これはトラウマなる子おるわ 皆気をつけてね」と注意喚起した。

 フォロワーから「男性の被害者もいるし、そちらに対する加害者も男性である事が多いのが世の中に知られて無さすぎますね」「俺は3回あります。マジで、固まりますよね」など同様の被害を受けたコメントが寄せられると、寺地は「男性で痴漢被害に受けてる人がこんないるのにびっくりしたのと同時に、やっぱり逃げるしかできない人も多い。刺激したら怖いし逃げるのが1番と思ってしまう」と反応。

 続けて「女性の被害者はほんと僕が思ったよりめっちゃ怖い思いをしてると思う 電車のるとあのおっさんおらんやろーなってー探してしまってるし」とつづり、恐怖心が消えていないことを明かした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年5月23日のニュース