×

ドネア来日 12Rスパーで尚弥討つ 試合直前、異例調整でリベンジ誓う

[ 2022年5月23日 05:30 ]

WBA・WBC・IBF世界バンタム級王座統一戦   WBAスーパー・IBF王者 井上尚弥《12回戦》WBC王者ノニト・ドネア ( 2022年6月7日    さいたまスーパーアリーナ )

<ドネア・来日>羽田に到着したドネアは出迎えにファイティングポーズ(右から4人目)=撮影・村上 大輔
Photo By スポニチ

 世界バンタム級3団体王座統一戦でWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥と2年7カ月ぶりの再戦に臨むWBC王者ノニト・ドネアが22日、拠点を置く米国から羽田空港に来日した。19年11月の初戦ではダウンを奪われて判定負け。「今回は前回と違った戦い方をする。井上も変わっているかもしれないが、同じドネアが来ると思ったら間違いだ」とリベンジを宣言した。

 約3カ月前から米ラスベガスでキャンプを開始。スパーリングは既に140ラウンドを消化したという。日本では3日間の隔離後に練習を始める予定で、関係者によると、12ラウンドのスパーリングも可能なように3人のパートナーを用意してほしいと要望。試合直前の12ラウンドは前代未聞だが、再戦に懸ける意気込みの表れだ。

 「今までのキャリアで一番大きな試合になるのは間違いない」と決意を示した世界5階級制覇王者。「ボクシングへの情熱、技術は向上していると感じている」と衰えを否定した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年5月23日のニュース