RIZIN新シリーズ「TRIGGER」旗揚げ大会のメインは萩原京平VS昇侍

[ 2021年10月24日 17:36 ]

新格闘技イベント「RIZIN LANDMARK」旗揚げ大会の対戦発表会見の朝倉未来(左)と萩原京平
Photo By スポニチ

 総合格闘技イベント「RIZIN」の新シリーズ「RIZIN TRIGGER(トリガー)」の旗揚げ大会(11月28日、神戸ワールド記念ホール)のメインカードが萩原京平(25=SMOKER GYM)と昇侍(38=KIBAマーシャルアーツクラブ)の一戦に決まった。24日に横浜市のぴあアリーナで開催された「RIZIN.31」のリング上で榊原信行CEOが発表した。

 10月2日に旗揚げした配信型の「RIZIN LANDMRAK(ランドマーク)」に次ぐ新機軸で、リングにはケージが張り巡らされる。萩原は「メインで関西での試合を盛り上げる。王者になるまで戦う相手はぶっ殺す。昇侍選手には僕の踏み台になってもらいます」と豪語。対する昇侍は「萩原選手と戦えることを誇りに思っています。倒すか倒されるかの試合をします」と意気込みを語った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年10月24日のニュース