ボビー・オロゴンがRIZIN参戦「どんな相手でもぶっ倒してやる」

[ 2021年10月24日 17:07 ]

<RIZIN31>あいさつするボビー・オロゴン(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 タレントのボビー・オロゴンが14年ぶりに総合格闘技(MMA)のリングに復帰することが決まった。24日に横浜市のぴあアリーナMMで開催された「RIZIN.31」のリング上で榊原信行CEOが「RIZIN.32」(11月20日、沖縄アリーナ)に出場することを発表した。対戦相手は未定。

 榊原CEOに促されてリングに上がったボビーは「ボビー・オロゴンです」と自己紹介した後、「どうすればいい?」「ホントにやるの?」とボケをかましながら、「皆さんにご迷惑を掛けたので、みそぎの旅をしている。榊原さんにこの舞台を用意してもらったので、一生懸命やらせてもらう。どんな相手でもぶっ倒してやろうと思っています」と宣言した。

 ナイジェリア出身のボビーは2004年大みそかに「K-1 Dynamite!!」でMMAデビュー。2007年まで4年連続で出場し、戦績は2勝2敗。06年にキックボクシング、11年にはグラップリングの試合に出場している。昨年5月、当時の自宅で妻に「ボコボコにするから」と告げ、左の頬を右手の指先で突く暴行を加えたとして、埼玉県警に現行犯逮捕された。今年5月には暴行罪で罰金10万円の判決が言い渡され、9月に芸能活動を再開させることを発表した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年10月24日のニュース