井上尚弥「4団体統一が遠のくのは勘弁」 ドネアVSカシメロ「やるならとっとと…」

[ 2021年9月17日 17:19 ]

井上尚弥(AP)
Photo By AP

 プロボクシングのWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(28=大橋)が17日、自身のツイッターを更新し、「ドネアとカシメロは12月にやるならとっとと正式に決定させて実現させてほしい。4団体統一が遠のくのは勘弁。でなければ1人ずつ戦ったっていい」と投稿した。

 当初、WBC王者ノニト・ドネア(38=フィリピン)とWBO王者ジョンリール・カシメロ(32=フィリピン)は8月14日に統一戦を行う予定だったが、カシメロのドーピング防止機関「VADA」への書類提出遅れなどを理由に、ドネアがSNSで試合をキャンセル。カシメロはギレルモ・リゴンドー(キューバ)と対戦して判定勝ちした。

 一方、6月にマイケル・ダスマリナス(フィリピン)を3回TKOで下した井上は次戦の相手にドネアかカシメロを希望している。ドネアとカシメロの統一戦が12月に行われるのではという情報もあるが、交渉が長引けば、井上が描く4団体統一の構想にも影響するだけに早急な決着を求めたようだ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年9月17日のニュース