×

元「大江戸隊」花月が1年3が月ぶり復帰「木村花さんは特別な存在だった」

[ 2021年5月23日 16:06 ]

木村花さん
Photo By スポニチ

 昨年5月に22歳の若さで亡くなったプロレスラー・木村花さんをしのぶメモリアルマッチ「またね。」が23日、東京・後楽園ホールで開催された。木村さんとゆかりのあるレスラーたちが集結し、「沖縄プロレスのいま 6人タッグマッチ」「木村花スペシャルバトルロイヤル」「木村花スペシャルマッチ」、そしてエキストラマッチに熱い闘いを繰り広げた。

 「木村花スペシャルマッチ」には、同期の桃野美桜、親友の朱崇花や朱里、なつぽい、小波、DEATH山さん(現フキゲンです)に加え、元「大江戸隊」の花月と葉月も限定復活。4対4のタッグマッチでは、朱崇花が葉月から3カウントを奪って勝利したが、「終わるのが早すぎない?」と花月とのシングルマッチを要求し、エキストラマッチが実現した。

 1年3カ月ぶりリングに立った花月はシングルでも敗れたが、「もうプロレスには関わらないと決めていた。これは木村花が与えてくれた再会だと思っている。木村花という存在は特別な存在だったということをきょうは証明できたと思っている」と語り、ファンに「どうですか~?」と問いかけると、会場は大きな拍手に包まれた。

 試合後には生前の木村さんの思い出の映像が流され、最後は母・響子さんが愛娘の遺影とともにリングに上がり、10カウントゴングで別れを告げた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2021年5月23日のニュース