岡沢「必ず優勝してくる」五輪ボクシング代表、1年2カ月ぶり海外戦へ出発

[ 2021年5月3日 05:30 ]

ロシアでのボクシング国際大会に出場する岡沢セオン(右)と田中亮明=2日、成田空港
Photo By 共同

 東京五輪のボクシングで男子ウエルター級代表の岡沢セオン(INSPA)らが2日、ロシアでの国際大会出場のために成田空港から出発した。海外勢との試合は約1年2カ月ぶり。

 岡沢は「必ず優勝してくる。五輪が終わるまで負けない」と力強く語った。新型コロナウイルスの影響により、実戦機会が乏しいのが懸案だった。女子でメダルが期待されるフライ級の並木月海(自衛隊)は「試合の運び方や感覚を確かめる」と話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年5月3日のニュース