清水聡らが丹沢合宿スタート 大橋会長「いい走り込みが出来ています!」

[ 2021年1月25日 21:36 ]

丹沢合宿をスタートさせた大橋ジムの選手ら。左から清水聡、内田勇心、八重樫東トレーナー、武居由樹、桑原拓、内藤未来、平岡アンディ、中嶋一輝(大橋ジム提供)
Photo By 提供写真

 プロボクシングWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27)が所属する大橋ジムの6選手らが25日、神奈川県・山北町の丹沢湖周辺で走り込み合宿をスタートさせた。

 参加しているのは12年ロンドン五輪銅メダリストで東洋太平洋フェザー級王者の清水聡(34)、中嶋一輝(27)、3月11日に試合が予定されている平岡アンディ(24)、桑原択(25)、内田勇心(18)、そしてK―1ファイターからプロボクシングに転向した武居由樹(24)の6選手。E&Jカシアスジムから内藤未来(28)も加わり、元世界3階級王者の八重樫東トレーナー、平岡アンディーの父ジャスティ・トレーナーが同行した。

 大橋ジムの大橋秀行会長は自身のインスタグラムに10枚の写真を投稿。「いい走り込みが出来ています!」と報告した。合宿は29日まで行われる。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年1月25日のニュース