4階級制覇の井岡一翔がジム移籍「新たな気持ちで更なる高みへ」

[ 2020年6月25日 18:00 ]

井岡一翔
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(31)が25日、同日付でDANGAN AOKIジムからAmbition GYM(旧オザキジム、木谷卓也会長)に移籍した。同ジムと所属事務所が連名で発表した。

 井岡は書面で「私事ではありますが、Ambition GYMへ移籍させて頂きましたことをご報告させて頂きます。新たな気持ちで更なる高みへ進んでいきます。今後とも何卒宜しくお願い致します」(原文まま)とコメントした。会見の予定はないという。

 井岡は2009年4月にプロデビュー。11年2月にプロ7戦目でWBC世界ミニマム級王座を獲得すると、12年6月にはWBA王者・八重樫東(大橋)との統一戦を制した。12年12月にWBAライトフライ級王座、15年4月には同フライ級王座を獲得し、3階級制覇を達成。17年大みそかに引退を発表したものの、約7カ月間のブランクを経て復帰。19年6月にWBO世界スーパーフライ級王座を獲得し、日本人男子初の4階級制覇を達成。昨年大みそかに初防衛に成功し、今後については他団体王者との統一戦など海外でのビッグマッチを熱望している。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年6月25日のニュース