カート・アングルも…WWE、レスラー20人ら大量解雇、新型コロナで収益悪化

[ 2020年4月17日 05:30 ]

ベルトを手に雄叫びを上げるカート・アングル
Photo By スポニチ

 世界最大のプロレス団体、米WWEは15日、96年アトランタ五輪金メダリストで、WWE殿堂入りも果たした元ヘビー級王者のカート・アングルらレスラー20人を解雇したと発表した。新日本プロレスでも活躍した元タッグ王者のカール・アンダーソン&ルーク・ギャローズらスター選手も多く、米メディアによるとスタッフも含めて約30人との契約を解除。昨年8月から養成施設「WWEパフォーマンスセンター」でコーチを務めていたケンドー・カシンも解雇された。

 WWEは新型コロナウイルスの感染拡大により収益が悪化。毎月400万ドル(約4億3000万円)の経費削減が必要で、幹部の給与削減なども求められるという。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年4月17日のニュース