天海ツナミV2 地元大声援に「涙が出そうで…」3階級制覇へ意欲

[ 2019年12月15日 05:30 ]

WBO女子世界ライトフライ級タイトルマッチ10回戦   天海ツナミ TKO・8回1分40秒 ジョゼベル・パガデュアン ( 2019年12月14日    鹿児島県肝付町内之浦銀河アリーナ )

地元鹿児島でで2度目の防衛を果たした天海
Photo By 共同

 天海が挑戦者を寄せ付けず8回TKO勝ちし、2度目の防衛。幼少期を過ごした鹿児島県肝付町での一戦を最高の結果で終え「ホッとしている。自分の距離で戦えた」と笑顔がはじけた。

 地元の大声援に入場時から「涙が出そうで、ぐっとこらえていた」と言う。5回以降は一方的に攻め込む展開にも「踏み込みすぎて、一発だけもらわないように」と冷静だった。
 
 09年にはWBAスーパーフライ級の王座を獲得。「すぐには決められないけど、3階級(制覇)という記録も狙っていきたい」とフライ級に階級を上げての王座挑戦にも意欲を示した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年12月15日のニュース