京太郎が日の丸ヘアで渡米 日本人初ヘビー級世界戦へ

[ 2019年12月15日 05:30 ]

WBOインターナショナル・ヘビー級タイトルマッチ&WBC同級シルバー王座決定戦   ダニエル・デュボワ 《12回戦》 藤本京太郎 ( 2019年12月21日    英ロンドン・カッパーボックスアリーナ )

英国へ向けて出発する藤本京太郎
Photo By スポニチ

 WBOアジアパシフィック・ヘビー級王者・藤本京太郎がデュボワ戦に向け、14日、英ロンドンへ出発した。

 日本未公認のタイトルながら挑戦者決定戦的な位置付けで、勝てば日本人初のヘビー級での世界戦へ前進する。「日本を背負うタイプじゃないですけど一応、日本人なので」と後頭部の髪を日の丸に刈り込み、気合を示した。

 デュボワは1メートル98と長身で、英国期待の無敗のホープ。藤本は3週間の米ロサンゼルス合宿で約60ラウンドのスパーリングを消化し、「毎日、生き残りの気持ちでやって何とか乗り越えられた」と手応えをつかんだ。K―1王者から転向して8年。「こういう機会を得られたのは素晴らしいこと。ここまで長かったので楽しんでやれれば」と大舞台を思い描いた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年12月15日のニュース