藤本京太郎、13カ月ぶりリングでTKO勝ち!試合後は格闘技との“二刀流”宣言

[ 2019年10月21日 21:02 ]

<ヘビー級8回戦>6回TKO勝ちした藤本京太郎(左)
Photo By スポニチ

 ボクシングの元アジア3冠ヘビー級王者・藤本京太郎(33=角海老宝石)が21日、東京・後楽園ホールで1年1カ月ぶりのリングに上がり、スタット・カラレック(24=タイ)に6回2分8秒、TKO勝ちした。

 昨年9月にも東洋太平洋、WBOアジアパシフィック王座を懸けて対戦したカラレックとの再戦。今回はノンタイトル8回戦だが、前回同様に序盤から左ジャブで主導権を握り、重いパンチを効かせて相手の戦意を喪失させた。最後は自棄になって猛攻を仕掛けてきたカラレックを右ボディーで仕留めた。

 約2カ月の急仕上げだったため、「リングに上がって自分の動きがどうか?」と不安も抱いていたが、約80ラウンドのスパーリングを消化したとあって動きは軽快。「ブランクはあったけど、前より動けたぐらい」と手応えを口にした。

 日本、東洋太平洋、WBOアジアパシフィックの3冠を手にしたが、世界への道が開けず、モチベーションが低下。「引きこもり状態」となり、日本、東洋太平洋王座を返上した。それでも「ボクシングで世界へ」の夢は捨てきれず、再びリングに戻ってきた。

 日本プロボクシング協会(JPBA)がヘビー級と女子選手に限って他格闘技との交流を認める方針を固めたことを受け、試合後には「僕も格闘技の経験はあるので(ボクシングと)両方やっていきたい」と“二刀流”を宣言。「日本にはヘビー級の選手がいないし、その方が両方が盛り上がると思うし、“架け橋”になれたら。それもモチベーションになる」と話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年10月21日のニュース