メイウェザー効果で賞金アップ!?内山氏冠大会 参加選手発表

[ 2019年9月14日 05:30 ]

写真撮影に応じた元WBA世界スーパーフェザー級王者・内山高志氏(左)と握手を交わす元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー
Photo By スポニチ

 メイウェザー効果で賞金アップ!?プロボクシングの「内山高志 presents KNOCK OUT DYNAMITE賞金マッチトーナメント」(10月19日開幕、後楽園ホール)の参加選手が発表された。

 56、60、65キロ契約の3階級に17年全日本新人王の佐々木蓮(ワタナベ)ら日本ジム所属9選手が出場、ほかに外国人枠が3枠設けられる。元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)の日本でのマネジメントを行うTMTジャパンが共催。KO賞金の増額も発表され、1回KOは当初の20万円から優勝賞金と同じ50万円になった。

 メイウェザーはこの日、TMTジャパンとトラストライン社のライセンス契約締結についての会見に出席。トーナメントへの協力を約束し、さらに台風被害のあった千葉県へ支援金1万ドル(約107万円)を贈ることも表明した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年9月14日のニュース