井上尚弥 WBSS決勝に向けての練習公開「距離を大切にしている」

[ 2019年9月6日 21:07 ]

<井上尚弥・拓真 公開練習>練習を終え笑顔を見せる井上尚(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 WBA&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26=大橋)が6日、横浜市内のジムでワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝(11月7日、さいたまスーパーアリーナ)に向けての練習を公開した。

 WBAスーパー王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)との大一番まで残り2カ月。この日は同門の中沢奨と4ラウンドのマススパーリングを実施した井上尚は「距離を大切にしている。打ち合うというよりは自分のジャブが当たる距離をイメージした。ドネアは一発があるのでそこだけは注意したい。早くあのパンチ力を感じてみたいというのもある」と話した。

 来週には米国五輪代表候補で、3団体統一世界ライト級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)のスパーリング・パートナーを務めるジャフェスリー・ラミド(19)とのスパーリングも開始する予定。ラミドが他の選手とスパーをしているのを見ており、「アマチュアで巧さのある選手。ドネアとスタイルは似ているとは言えないけど、自分の引き出しを試すのにはいいかな」と歓迎。走り込み合宿をはさみ、1カ月の予定でラミドとスパーを行う。

 すでに試合のチケットは一部別販売される分を除き、完売状態。井上尚は「このトーナメントの注目度の高さを実感しているし、気合も入りますね。何より(弟でWBC世界バンタム級暫定の)拓真と一緒というのがモチベーションになる。同じ世界戦だし、バンタム級なので」と表情を引き締めた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年9月6日のニュース