山根氏 ボクシング新団体設立 フリー選手の「環境つくる」

[ 2019年9月4日 05:30 ]

日本ボクシング連盟前会長の山根明氏(右)が立ち上げたタイトル「世界WYBCヘビー級タイトル」を争う高橋知哉
Photo By スポニチ

 日本ボクシング連盟前会長で、会長辞任後に同連盟から除名となった山根明氏(79)が3日、大阪市内で記者会見しプロの新団体「ワールド・ヤマネ・ボクシング・チャンピオンシップ(WYBC)」を設立し、今月末にヘビー級の試合を開催すると発表した。

 会見で山根氏は「フリーランスのプロボクサーが、日本で闘える環境をつくるため」と設立の意図を説明。最初の試合は29日に京都市で行われ、格闘家の高橋知哉(31)がブラジル選手と闘う。

 WYBCはプロボクシングの国内統括団体である日本ボクシングコミッション(JBC)や、世界主要4団体などとは一線を画して活動するという。山根氏は「どこからものを言ってきても私には関係ない」とした。

 山根氏は助成金の不正流用などの問題で昨年8月に国内のアマチュアを統括する日本ボクシング連盟会長を辞任。今年2月に同連盟から事実上の永久追放となる除名処分を受けた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年9月4日のニュース