尚弥参戦のWBSS、準決勝もう1試合のテテVSドネア戦は4・27開催

[ 2019年2月25日 16:27 ]

 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ」(WBSS)バンタム級トーナメント準決勝のWBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)―WBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)戦が4月27日に米国で開催されること決まった。スーパーライト級準決勝のレジス・プログレイス(米国)―キリル・レリク(ベラルーシ)とダブルヘッダーになる。WBSSの公式サイトで24日(日本時間25日)に発表された。

 バンタム級トーナメントの準決勝のもう1試合、WBA王者・井上尚弥(大橋)―IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)戦は5月18日、英国グラスゴーで開催されることがすでに発表されていた。

 WBSSシーズン2は3階級で行われており、これで準決勝の日時が未定なのはクルーザー級の1試合だけとなった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年2月25日のニュース