井上尚弥 WBSS準決勝は5月18日に決定!初の英国でロドリゲスと対決

[ 2019年2月13日 09:43 ]

井上尚弥
Photo By スポニチ

 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級トーナメントの準決勝、WBA王者・井上尚弥(25=大橋)とIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)の一戦が5月18日に英スコットランド・グラスゴーのSSEハイドロで開催されることが決まった。WBSSの公式サイトで発表された。井上が英国で試合をするのは初めてとなる。

 WBBSは3階級で実施されており、準決勝の日程&会場が発表されたのは3試合目。5月18日にはスーパーライト級の準決勝、IBF王者イバン・バランチク(ベラルーシ)とジョシュ・テイラー(英国)戦も同会場での開催が発表されている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年2月13日のニュース